青い胡蝶蘭ブルーエレガンス

青い胡蝶蘭が最安値&最短納期で注文できる通販

青い胡蝶蘭

お祝いに胡蝶蘭を贈りたいけど「他所と同じ物になるのは嫌だな」と思われたことありませんか。

 

胡蝶蘭は贈り物に適しているため、お祝いにはたくさんの胡蝶蘭が届きます。

 

そのようなときに青い胡蝶蘭を選ぶことで、他所の胡蝶蘭とかぶることもほとんどなく、たくさんの花の中に埋もれることのないお祝いギフトが贈れます。

 

日本で唯一生産している生産地から、選りすぐりの青い胡蝶蘭を業界最安値最短翌日にお届けします。

 

業界最多30種以上の品揃え!

2本立、3本立、5本立をご用意。ご予算と用途に合わせた豊富なラインナップ

業界最安値!&業界最速のスピード配送!

通常3万円が25000円〜、最短翌日お届け

全品送料無料!&早割orレビュー割で2,000円OFF

日本全国へ無料でお届け(北海道・沖縄・離島を除く)、お届け日の10日前の午後1時までのご注文は割引価格

 

青い胡蝶蘭・紫の胡蝶蘭

 

青い胡蝶蘭ブルーエレガンスは日本で1社のみの限定生産のため、サプライズギフトやインパクトを求めるギフトとして人気です。

 

コーポレートカラーやテーマカラーが「青(ブルー)」のときにピッタリのおすすめ胡蝶蘭です。

 

青い胡蝶蘭の納期

限定生産で取扱店が少ないため、通常の花店で注文した場合は納期に時間(約2週間)がかかります。

 

急ぎのときはこの通販を利用することで、人気の青い胡蝶蘭(ブルーエレガンス)と紫の胡蝶蘭(パープルエレガンス)それぞれの2本立・3本立・5本立が最安値&最短翌日配達で手配できます。

 

青い胡蝶蘭5本立

 

青い胡蝶蘭の生産農家とコラボしているので、色も形も良いブルーエレガンスが最も早く届きます。

 

青い胡蝶蘭の値段別一覧

青い胡蝶蘭を値段別にまとめました。本数と輪数(花の数)によって値段が異なります。
日本で最も青い胡蝶蘭の品数が多い通販ですので、予算や贈る相手に合わせて選べます。

 

ブルーエレガンス2本立【16000円〜】

ブルーエレガンス3本立(約27輪)【25000円〜】


青い胡蝶蘭2本立【詳細】


青い胡蝶蘭3本立【詳細】

★VIP★ブルーエレガンス3本立(33輪)【35000円】

ブルーエレガンス5本立(45輪)【43000円】

★VIP★ブルーエレガンス5本立(60輪)【63000円】

青い胡蝶蘭3本立【詳細】

青い胡蝶蘭5本立【詳細】

青い胡蝶蘭5本立【詳細】

 

青い胡蝶蘭を買うならココがおすすめ!

青い胡蝶蘭を購入するときにおすすめの通販サイトを紹介します。

 

花夢の特徴

【取扱商品】
青い胡蝶蘭、紫胡蝶蘭、胡蝶蘭、花束、アレンジフラワー、花鉢、他

【配送エリア】
全国(翌日配送)※北海道・沖縄県・離島を除く
青い胡蝶蘭は業界最安値で注文OK!
産直仕入れの最高級胡蝶蘭は品質&鮮度抜群!
種類とカラーは通販で最も多いラインナップ。
午後1時までのカード決済によるネット注文は最短翌日配送OK!
全ての花に安心の品質保証付。
早割orレビュー割で2000円OFF
注文毎にポイント付与

価格 9,000〜63,000円
評価 評価5
備考 全国へ翌日着のスピード配送に対応(※午後1時までのネット注文限定)、送料無料で全国発送OK
 

青い胡蝶蘭の花色

青い胡蝶蘭は、世界で唯一日本の生産者が開発したブルーの蘭です。
でも、実際の花には色の出方に多少の個体差が出ています。

 

個体差とは、この画像のようにまだら模様だったり、白い部分が多かったり、薄かったりします。

 

このようなことは通常の花店で購入した場合に起こります。

 

せっかく贈った花がこのように青色が薄いと贈った方も受け取った方もがっかりしてしまいますね。

 

色が薄い青い胡蝶蘭

 

色が薄い青い胡蝶蘭拡大

 

でも、フラワーショップ花夢で購入するブルーエレガンスは【ハイクオリティ】を重要視した品質の良い蘭を厳選しています。
日本で青い胡蝶蘭を生産している唯一の生産地とコラボしているため、青色が綺麗で発色の良い蘭を贈ることが出来ます。

 

 

青い胡蝶蘭を贈る場合、東京の有名な大手花店で発注しても、お届けまでに10日以上かかる場合がほとんどです。

 

現在、日本で一番納期が早い青い胡蝶蘭の通販サイトはこの【花夢】です。

 

ブルーエレガンス(青い胡蝶蘭)の生産地にある花屋なので新鮮な蘭を最短で出荷可能です。
青い胡蝶蘭ブルーエレガンスは全品送料無料で発送可能です。
胡蝶蘭にはメッセージや立札、ラッピングも無料で付きます。
実際に注文した青い胡蝶蘭ブルーエレガンスの画像をメールで確認することもできます。

 

花夢からお届けしているブルーエレガンスは『色のり』が良いと評判です。
綺麗な色のブルーエレガンスをお求めの方は是非ご検討下さい。

 

取扱店【フラワーショップ花夢

 

青い胡蝶蘭の管理方法

青い胡蝶蘭の管理方法をご紹介します。水やりや置き場所などは、通常の胡蝶蘭と同じです。

 

日持ちは良い丈夫なお花ですが、温度や水やり頻度は普通のお花よりも注意して管理するようにしてください。

 

管理方法が良ければ数カ月はお花が楽しめます。
具体的な育て方についてご説明しますので参考になさって下さい。

 

青い胡蝶蘭の水やりについて

洋ラン用の土やバークチップの場合

たくさん水を与える場合には、水は少しずつが基本です。
鉢表面全体に溢れ出るくらいまで与えます。一気にではなく、胡蝶蘭と用土が水を吸収しやすいようにゆっくりあげます。

 

成長の時期や、乾きやすい暑い夏の時期は上記の内容を二度程繰り返して水やりをします。受け皿に溜まった水は捨てます。
少な目に水を与える場合、冬季は鉢があまり乾かないので一回でも大丈夫だと思います。

 

それでも多すぎる場合は鉢表面全体に素早く一気に大量に水をかけて。鉢底から流れ出したら終わりにします。
用土がゆっくりと水を吸収する時間が無いようにします。さらに、水を与える間隔【日数】を長くして調整します。

 

ミズゴケの場合

ミズゴケの場合は、洋ランの土や、バークと比較すると、だいぶゆっくりペースで水やりしか方法がありません(ミズゴケへの水の浸透速度には限界があります)。
また、完全に乾燥したミズゴケは水を弾いてしまうので、水の侵透が始まるまではほとんど水を吸収しません(漏っているミズゴケならすくに浸透が始まります)。

 

完全に乾燥しているミズゴケに水を注いですぐに鉢の下から水が出てきたとしても、それは鉢の中の水が一抔になったというわけではないので勘違いしないように注意か必要です。
ミズゴケの隙を通って水が流れ落ちただけです。

 

ミズゴケが温っている場合は問題ありませんが、完全に乾いている場合は、まず浸透が始まったら、さらに少し水を注いで、ミズゴケ全体を少し湿らせ、水を浸透しやすくします。
その後からが本来の水やりとなります。
また、花の時期(蕾がある程度膨らんでから開花中)は少し多めの水を与えてください。

 

水を与えた後

水やり後は、鉢が乾くまで待ちます。鉢・周辺環境・季節・用土によっても違いますが、一般的には14日程度となります。
乾燥するのが心配な方は、葉と、表面に出ている根に霧吹きで軽く水を吹きかけて下さい。霧吹きは軽く毎日でも大丈夫です。

 

ただし、毎日再吹きをする場合は、胡蝶蘭の左右に分かれた葉の中心の成長点に水が溜らないように注意してください。
ここに水が溜まると成長点が腐ってしまう場合があります。
水がたまったら、吹き飛ばすか、ティシュなどを軽く当てて吸い取ってください。

 

生育環境や季節によっても状態は変わりますので、以後は自分で試して自分の環境に合った水やりに調整してください。

 

最適な温度について

温度は水に次いで失敗の原因となっているようです。
注意が必要なのは夏の最高気温と冬の最低気温です。
胡蝶蘭は温度管理が難しいという話を聞きますが、管理という程のことではなく、1年を通じて適温範囲の最低〜最高の範囲内にいられるようにしてやればいいだけです。

 

15℃(夜間最低気温)〜30℃(日中最高気温)程度が好ましい範囲のようです。
実際は、更に±5℃程度は大丈夫なようです。ただし、冬場があまり寒いと花が咲かなくなる場合があるそうです。

 

注意が必要なのは、夏の日中気温と、冬の夜間気温です。
また一日の寒暖差は10℃前後にできれば一番望ましいです。
秋から冬は日差しが長くなり、室内に日が差し込んできて、冬でも昼間はかなり高い温度になることもしばしばあります。

 

気温が高い夏の管理方法

家の中で低い位置にある一階の床などに冷たい空気がたまります。そこなら、10℃程度を維持しやすいでしょう。ただし冷房の風の直射は範対にダメです。

 

気温が低い冬の管理方法

部屋の中でも床ではなく棚の上などのほうが暖かいです。また部屋の中央なら窓際よりも暖かいです。夜間だけ部屋の中央に移すだけでも違ってきます。
また、二階の部屋などの高い所なら、さらに暖かい場合が多いです。

 

さらに、二階で床よりも棚などの上なら更に暖かいですね。上に行くほど安心となります。
同じの家の中でも温度のばらつきがありますから、それを調べて、季節に応じて胡蝶蘭を移動させれば対応できるお宅も多いと思います。

 

温度対策の道具として「最高最低温度計」というものを用意してもらうと便利です。
この温度計は一日の中で最低・最高気温を記憶します。また3mほどのケーブルが付いていて、同時に2ヶ所の温度を刷定し記憶します。

 

棚の上と下の比較、あるいはビニール温室の内外の比較などに使用しています。
家の中の温度状況を把握しておけば、温度対策が楽で、確実に把握できるようになります。少しの工夫で温度範囲を適切に管理できると思います。

 

温度管理が何故大切なのかというと、低温になると花・蕾が枯わたり、咲かなくなるからです。どうしても最低温度が維持できないようなら、更なる対策として何らかの暖房を考えなければなりません。
なお、上記の温度範囲を超えても胡蝶蘭がすぐに柿れるということはありません。
極端に言えば10℃〜35℃程度までは保証できませんが大丈夫なようです。

 

13℃だと胡蝶蘭本体に影響はないようですが、開花時期か遅めになるようです。また33℃を超えるあたりから、胡媒蘭の葉が柔らかくなってしまいます。
花が発する危険信号ではないかと思います。
胡蝶蘭には強い血射日光は厳禁です。すぐに葉が日焼けします。それでも光はある程度必要です。

 

胡蝶蘭は日光をあてた方がいいの?

日光をほどよく浴びた胡蝶蘭はとても元気になります。 自然環境の胡蝶蘭の生育場所のことを思い出してください。胡蝶蘭は暖かい地域で、常緑の木の上のほうに着生して育ちます。
一年中木漏れ日の中で生きています。明るい日陰の環境だ最適です。胡蝶蘭は弱い光でも生きられるように緑の大きな葉を何枚も広げています。

 

ですから直射日光が当たらない、明るい日陰の場所(窒内の窓際が最適です。
一番のお勧めは、自然の生育環境に似た場所で、遮光ネットやレースの力一テンなどで光を間接的に当てるのが一番良いでしょう。遮光は季節によっても異なりますが、春・秋〜夏にかけて50%〜80%程度ではないかと思います。

 

冬は日が室内の奥まで差し込みます。そんな日差しでも直射は危険です。冬の日差しでも葉を傷めることがあります。
曇りガラス越しでも天気の良い日は避けたほうが無難です。日差しの入る窓際では、レースのカーテンはほぼ必須です。

 

緑の派手覆われた森の中の環境を想像して日光を与えて下さい。実際に緑の葉で覆われた森の中を歩いてみるのも良いかもしれません。
春・秋くらいは少し日に当ててやりたいと思うのなら、少しずつ日に慣らしてから遮光して当てるのがおすすめです。

 

胡蝶蘭をかわいがりすぎない(過保護になりすぎない)ことが大切

胡蝶蘭はそっとしておけば自然に育ってくれます。もともと高い木の上などで静かに生きている植物ですので、あまり周辺からの干渉はない環境です。
そのせいか胡蝶蘭は根が弱点と言われています。数年に一度程度の植替えなどで根に多少傷などがついて、根から病気が入って枯れてしまうことがしばしばあるようです。

 

根の部分を動かす植え替えなどの時は注童が必要です。特に小輪の胡蝶蘭は特に敏感なようです。
大輪の胡蝶蘭は体力があるせいか、多少の無理でも大丈大なようです。

 

青い胡蝶蘭の植え替えについて

植え替えは、鉢が乾いたら水を与えて、数日後程度で移し替えてしてください。そして植替えをしたら、一週間程度は水を与えず根の傷などが収まるのを待ちます。
それから水やりを再開してください。傷が収まらないうちに水を与えると一緒にバイ菌が侵入してしまうようです。

 

そもそも、自然の胡蝶蘭には植替えなどという移動は存在しないわけです。胡蝶蘭にとって根をいじられるという事は大騒動のようです。
植替えは2〜3年に一度程度と言われています。しかし明確な指標は無いようです。
<鉢から根があふれてきたら>というのも一つの指標かもしれません。
そしてまた、その方法も用士によって異なります。

 

洋ラン用の土やバークの場合

洋ランの土は殆ど痛みません。ですから、外見上では植替えのタイミングはわかりません。鉢の中で根が詰まってきたり外にあふれてきたりしたら植替えをすることになります。

 

バークの場合はチップが徐々に劣化してきますので外見からもある程度はわかると思います。
しかし、洋ラン用の土と同様根の様子から判断する方法でも良いと思います。
この用土の場合は胡蝶蘭を鉢から取り出すと簡単に崩れてしまいます出来るだけ崩さないようにしながら、一回り大きな鉢に移しはみ出した根も全て鉢の中に入れて、を新しい用土で埋めれば植替えは出来上がりです。

 

その時に適度に置き肥を入れておくことを忘れないでください。
数回の植え替えに一度程度は古く黒くなって萎れている根や、枯れている根は全て切り取ります。場合によっては根が半減してしまう場合もあります。
鉢を一回り小さいものに戻し用土も全て新しいものに入れ替えます。ただし、これは胡蝶蘭にとっては大きな負担となりますので注意してください。

 

ミズゴケの場合

ミズゴケは、年数経つと外見上も色あせてきます。また、スカスカな感じになり、保水力が低下してきます。
水を与えてもあまり吸収せず、すぐに鉢の下から流出するようになります。
ミズゴケの場合は2〜3年での植替えはほぼ必須になります。ミズゴケの劣化は慣れてくると水やりをしたときの鉢の重さでわかるようになります。
ミズゴケか劣化すると保水力がなくなり軽くなってきます。

 

ミズゴケの植え替え方法

植替えを始める前に事前に新しいミズゴケを30分程度水に浸して柔らかくしておきます。
次に、古いミズゴケをそのままにしておいて、はみ出した根を纏めて、新しいミズゴケをその上から、周辺全体に巻付けます。

 

このとき、ミズゴケは十分に水を絞って出来るだけ水気を切ってください。
事前に水に浸すのはミズゴケを柔らかくするためで、給水するためではありません。
一回り大きな鉢に移し、全て鉢の中に入れて、隙間もミズゴヶで埋めれば植替え完了です。

 

あまりフワフワではなく、固めにミズゴケを詰めてください。
ミズゴケの場合は、上記の方法が一般的ですが、ミズゴケの場合は、古いミズゴケを全て取り去って全て新しいものに交換することもあります。

 

初めての植替えのときは、上記のような容易な方法で植替えておいて、二回目の植え替え以後から全交換を試してもらってもよいのではないかと思います。
この方法の場合、古く、黒くなって萎れている根や、枯れている根は全て切り取ります。掃除を兼ねています。

 

場合によっては根が半減してまう場合もあます。
この方法は胡蝶蘭に負担かかがるので、しばらくは成長が遅くなる場合もありますので毎同行うのはおすすめできません。
通常は上記の容易な植替え方法で良いと思います。