開店祝いに他と同じような祝花は嫌だという方に!

開店祝いの祝花を選んでいて、どれも同じようなものばかりだなと感じたことはありませんか?

 

せっかく開店祝いを贈るのなら、印象に残るものを贈りたいと思いだしたりすると、まさに泥沼にハマったように何にしたら良いのかわからなくなってしまうこともあるのです。

 

フラワーギフトはオーソドックスで良いのですが、誰しも贈りそうで同じものは避けたいと思っている方は、希少性の高い青い胡蝶蘭を検討してみて下さい。

 

開店祝い青い胡蝶蘭

 

青い胡蝶蘭は「他の人のお祝い花と被らない」ということもあり、差別化や個性を出したい送り主にピッタリのお祝いギフトです。

 

開店や開業のお祝い、就任祝い、結婚式や設立パーティーなどに利用すると目立ちますし、印象に残る記念ギフトとしても喜ばれています。

 

青い胡蝶蘭は、日本の会社が特許を持つ世界初の商品ということもあり、これを開店祝いに贈ることで来店されたお客様との話のネタにもなります。
通常の花でも華やかになりますが、ちょっとひねった自分の個性が出せるお祝い品を送ることで、お店のオーナーにも同様に喜んでもらえる贈り物になると思います。

 

他の人とは違った贈り物を探している人には青い胡蝶蘭はぴったりだと言えるかもしれません。
金額もあからさまに相手にはわかりませんし、珍しい花のため安く見られることは決してないので満足度の高い贈り物となるでしょう。

 

開店祝いに贈る青い胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭というと3本立が相場的に見ても一般的ですが、青い胡蝶蘭の3本立は通常の胡蝶蘭よりも割高です。
日本で1社、世界でも4社の限定生産であるため、希少性が高いということもあり、通常の胡蝶蘭と比べるとおよそ1万円ほど高くなっています。

 

青い胡蝶蘭3本立ち:25000円〜

 


青い胡蝶蘭3本立【詳細】

 

予算的に2万円程度で考えていた場合は、3本ではなく2本立ちがおすすめです。

 

青い胡蝶蘭2本立ち:16000円〜


青い胡蝶蘭2本立【詳細】

 

2本立ちがおすすめの理由

2という数字は「繰り返す」という意味を持ちます。
その為、開店祝いに送ることでお店にお客様が「繰り返し来店する」という縁起の良い意味となります。

 

値段も予算内でおさまり、話題性も個性も出せる縁起の良い贈り物となるでしょう。