就任祝いにブルー胡蝶蘭

普段からお世話になっている方や会社でのお付き合いがある方が会社の人事によって就任することが決まった場合は、ビジネスマナーとして胡蝶蘭ギフトを贈ることが慣例となっています。

 

就任という言葉が使われる場合は、社長や会長など取締役になることが多いので、それに相応しいものを贈るのがマナーです。

 

一般的には白いタイプの胡蝶蘭が9割以上を占めますので、他社との差別化、自社の存在をアピールするという意味で青い胡蝶蘭が選ばれています。

 

胡蝶蘭が就任祝いの花として贈られることが多いのは、花としての価値が非常に高いことや幸せを呼ぶという花言葉があるからです。
また、就任祝いにはこの花を贈るのが当たり前というくらい慣例化されていることも理由の一つになっています。

 

もちろん、他のギフトを贈る人もいるので必ずしも胡蝶蘭である必要性があるというわけではありません。
ですが、花言葉や長持ちするという植物の特性、そして見た目などバランスが取れているという点で考えると無難なギフトになっています。

 

普通の胡蝶蘭は街のお花屋さんで購入することもできますが、青い胡蝶蘭を取り扱っている花屋は少なく、在庫がある店はほとんどありません。

 

最近は通販の胡蝶蘭専門店なども人気を集めており、少ない時間で数多くのお店を比較して選ぶことができるます。
青い胡蝶蘭のように、希少価値が高いものを購入することができるのも通販を利用するメリットだと言えます。

 

就任前後というのは挨拶などでかなり忙しいことが想定されるので贈るタイミングなども考える必要があります。
相手との関係性によってもタイミングは変わってくるのでマナーに反さないように気を付けましょう。

 

胡蝶蘭ギフトを贈るタイミング

贈るタイミングにも気をつける必要があります。
一般的には重役に就任した日に届けるのが基本になっています。
ただし、六曜を大切にする風習が今でも残っているので、届け日として仏滅は避け、なるべく大安を選んで贈るということも意識しておく必要があります。
また、就任日前は前任者がまだ在職している場合もありますので、注意するようにしましょう。

 

就任祝いは会社での繋がりがある場合に取引先の人事があって日頃より繋がりがある人が就任した際にお祝いするものです。
直接的な面識がなくても、仕事での取引があって就任のお知らせがあった場合もお祝いをするのが慣例です。

 

また、就任という言葉が使われていることも注目すべきポイントです。
一般的な昇進であれば就任という言葉は使用されず、社長や会長などその会社の重役のポジションに就くことが就任ということになります。
そのような意味からも、今後のビジネスを考えた場合に、きちんとお祝いすることは重要な意味を持ちます。

 

お祝いについては胡蝶蘭のギフトが無難で、このような場合に花以外の他のギフトを買って渡す人もいます。
ですが、渡すものによっては相場に見合わなかったり、かえって失礼に値することもあるので、バランスのとれた胡蝶蘭をギフトにすることをおすすめします。

 

同じ会社の上司や部下も同様に就任祝いを用意して贈ることが想定されますが、まったく同じになってしまわないように相談して決めることも大切です。
また、すぐにお花屋さんの方で就任祝い用の胡蝶蘭を用意してもらうことができるとは限らないのでお祝いを渡すと決まった早い段階から注文する準備をしておく必要があります。